【Minecraft】エディションの違いをメリットとデメリットで解説【JE/BE】

Java Edition VS Bedrock Edition

Minecraftには主にJava EditionとBedrock Editionが存在しています。
今回はその2つのエディションの違いについてをメリットとデメリットで解説していきます。

その他のエディションではアップデートは行われていません。

そもそもエディションって?

Edition(エディション)を直訳すると「版」を意味する意味になります。
エディションとは簡単に言ってしまうと種類のことです。
Minecraftは様々な機種でプレイが可能であり機種ごとにそれぞれ仕様が少し異なります。

エディションの違い

Java Edition (PC版)

Minecraft Java Edition 1.16.1

Java Editionは主にPCでプレイ可能なエディションで私はこのエディションをメインにプレイしています。略してJEとも呼ばれます。

Java Editionではかなり自由度が高いエディションとなっています。
細かな設定なども行え、カスタムスキンやModやリソースパック、データパックなども利用できます。

その代わり少々PCのスペックが必要です。
Java EditionはWindows、Mac、Linuxなどでしか遊べません。

またMinecraftの最初のエディションのため歴史は長いです。

価格3000円
対応機種Windows、Mac、Linux
購入ページMinecraft Java Edition
最小要求スペック システム要件
良いところ
  • 過去のバージョンをプレイできる
  • 開発中のバージョンをプレイできる
  • Modなどが導入でき自由度が高い
気になるところ
  • マルチプレイの難易度が高い
  • BEのマーケットプレイスのような機能(課金要素)がない
  • 対応機種がPCのみ

Bedrock Edition (統合版)

Bedrock Edition (統合版)は様々な機種でプレイ可能なMinecraftです。Bedrock Editionを略してBEとも呼ばれることがあります。様々な機種でプレイが可能であるため人口がとても多いです。

このエディションの一番の特徴は同じデバイス同士のマルチプレイはもちろん、PCとSwitchとXboxなど、様々な組み合わせでも一緒にクロスプレイなどができてしまいます。

※クロスプレイをする際はMicrosoftアカウントを使用する必要があります。

Bedrock Editionは元々はPocket Edition(スマホ版)をBetter Together Updateで様々な機種に移植したエディションでありWindows10でプレイするとJava Editionと比べると比較的軽くサクサクプレイできます。

Pocket EditionはJava Editionの廉価版のような形で開発されていたのですが現在はBedrock Editionに統合されJava Editionよりも新要素などが追加され始めています。

またマーケットプレイスという機能が存在しワールドやスキン、テクスチャ(リソース)パックが購入できます。
Windows10とモバイル端末では自作のスキンもアップロード可能です。アップロードができない端末でもキャラクタークリエイターという機能を使うとゲーム内でもスキンを作成することもできます。

Java Editionと同じModは使用できませんがWindows10やスマートフォンではアドオンという機能が利用できModとほとんど同じことが実現可能です。

価格機種によって異なります
機種Windows10、iOS、Android、Nintendo Switch、PlayStation4、XBOX ONE etc.
購入ページ機種によって異なります
良いところ
  • マルチプレイがしやすい
  • 様々な機種でマルチプレイができる(XBOX ONE、 PlayStation、Nintendo Switch、Windows10、モバイルなど)
気になるところ
  • 過去のバージョンをプレイできない
  • Modが入れられない

コンソール版について

コンソール版(ゲーム機版)はオススメしません。
なぜならワールドの広さが制限されていたりコマンドなどが使用できなかったりMobの出現の数に制限があったりするためです。

また現在はほとんどのコンソール版はBetter Together UpdateでBedrock Editionに統合されておりコンソール版はアップデートが提供されていなかったりそもそもほとんどのコンソール版で発売が停止されています。

MEMO

コンソール版とはNintendo Switch EditionやWii U Edition、PS4 Editionなどを指します。同じハード同士でしかクロスプレイができないなど制約がかなり多いです。

注意

Windows10には2つのMinecraftが存在している

Java Edition VS Bedrock Edition

常にお気づきかもしれませんがWindows10には2つのMinecraftが存在しています。

Java Edition(PC版)とBedrock Edition(統合版)ですね。
これらは全くの別物なので注意しましょう。

今後この2つが統合されることはありません。それぞれアップデートが行われていきます。Java Editionは公式サイト、Bedrock EditionはMicrosoft Storeで購入する必要があります。Minecraftで使われているプログラミング言語も異なります。

Windows10のスタートメニューにデフォルトでピン留めされているMinecraftがあることがありますがそれはBedrock Editionです。

間違えて別のエディションを購入してしまう方が多いので注意しましょう。
詳しくはこちらを参考にしてみてください。

まとめ

Java EditionBedrock Edition
Mod
クロスプレイ△ PCのみ可◯ ほとんどのデバイスで可能
マーケットプレイス ✕
リソースパック
カスタムスキン△ Win10とモバイルのみ
キャラクタークリエイター

Bedrock Editionは様々な機種で遊べてクロスプレイ可能というのが大きいと思います。
Java EditionはPC限定ですがModなどの様々な機能を追加でき自由度が高いといった感じですね。

私がずっとJava Editionでプレイしている理由はやはり自由度が高いところと過去のバージョンが遊べるからですね。

マーケットプレイスのような機能はありませんが昔からからあるエディションなのでMinecraftコミュニティの様々な方が色々なサイトで無料でワールドやスキンが沢山配布されているので特に不便はないかなと思います。

ですが「マルチプレイを簡単にやりたい」という方はBedrock Editionの方が向いているかもしれません。

次のステップ

Minecraftの購入方法については以下の記事で解説を行っています。

【JE/BE対応】Minecraftの購入方法

コメントを投稿

コメントを送信すると利用規約プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。