1.17スナップショット、描画エンジンやワールド生成の仕様が変更

Minecraft1.17のスナップショットが続々と追加されています。(追いついていくのが大変…)
今回は特に1.17で起きる大きな変更点をまとめていきます。

Note

スナップショットは開発中のバーションのため今後仕様変更や不具合などが発生する可能性があります。必ず自己責任でプレイしましょう。

JE-Snapshot【Minecraft】Java Editionでスナップショットをプレイする手順

変更点

高度上限が増加

※画像は明るくなるよう調整しています

スナップショット、21w06aから高度上限が319に変更されさらに-(マイナス)64まで生成されるようになりました。

また、21w06aでは古いバージョンのワールドを一時的に読み込めなくなっています。
過去のバージョンと21w06aを比較したMinecraftの開発者によるツイートです。

ワールドと鉱石の生成に関する微調整

高度上限が変更されたため鉱石などの生成に関する調整が行われています。
この仕様も今後変更されていく可能性があります。

描画エンジンが「OpenGL Core 3.2」に変更

固定関数レンダリングはシェーダーベースのレンダリングに置き換えられました。
OpenGL Core 3.2を採用した理由については以下のツイートで確認できます。

このバージョンのOpenGL(3.2コアプロファイル)を使用する主な理由は、古いシステムをサポートすることと、エンジンを改良してレンダリングをよりよくコントロールすることとの間で、うまく調和がとれているからです。また、古いOSXシステムでも動作するようにするには、このバージョンが最適です。

@SeargeDP

かなりマニアックな内容ですが主なOpenGL Core 3.2を使用する目的としてパフォーマンスの最適化と開発者が新しいコンテンツを簡単に追加できるようにするためとのことです。

コメントを投稿

コメントを送信すると利用規約プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。