【Minecraft】Java版と統合版で一緒にクロスプレイをする方法

geysermc logo

警告

log4j2に脆弱性が発見されMinecraft Java Editionや今回紹介するSpigotを含む多くのサービスに影響しています。使用する際は必ず以下の記事をご覧ください。

脆弱性が見つかった「log4j2」とは? プレイヤーとサーバー管理者ができること

公式の方法では御存知の通りJava版と統合版で一緒にクロスプレイすることは不可能です。

ですが最近話題のGeyserという非公式ツールを使うとJavaとBedrockでクロスプレイが可能です。
今回はGeyserを使ってクロスプレイをする方法を紹介します。

注意としてあくまでも仕様などはJava Editionに合わさて。あくまでBedrockがJavaに変換される物だと考えてください。

今回使用したバージョンはJavaは1.16.2、Bedrockは1.16.20で行っています。

※Bedrockでは1.16.40がリリースされ、Javaでは1.16.3がリリースされましたが動作を確認済みです。

必要な物
  1. Minecraft Java Edition
  2. Minecraft for Windows10 (Bedrock Edition)
  3. テキストエディタ (メモ帳でもVisual Studio Codeでも何でもOK)

規約的な問題は?

MojangにGeyserの規約的な問題に関して問い合わせを行いましたが現状は問題ないとのことです。ただし安全上の保証などは行わないとのことです。つまり現状は自己責任で利用すれば問題ないということですね。また元Mojang社員の方も試されていたので問題はないはずです。

spigotサーバーを建てる

spigotとは?

spigotはBukkitの派生版でありプラグインサーバーを作成できます。

よくわからない単語が沢山出てくると思いますが手順通りに行っていれば大丈夫です。spigotサーバーをすでに構築済みの場合はここまでスキップしてください。

1 Gitをインストール

Gitとは?
プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録できる分散型バージョン管理システムです。

この後にSpigotをビルドする必要があるのでGit for Windowsをダウンロードします。

Git for Windows

Downloadをクリックしてください。

ダウンロードしたらexeファイルを開いてインストールします。
すべてNextを押して大丈夫です。

1.2 BuildTools.jarをダウンロード

BuildTools.jarのダウンロードサイトにアクセスしましょう。
https://hub.spigotmc.org/jenkins/job/BuildTools/

最新の安定ビルドをダウンロードしてください。
そしたら新規でフォルダを作りダウンロードしたファイルを入れましょう。spigot-serverといった分かりやすいフォルダ名がおすすめです。

1.3 Spigotをビルドする

BuildTools.jarを入れたフォルダで右クリックをしGit Bash Hareをクリックします。Gitの画面が出たらOKです。最新のMinecraftをプレイしたい場合は以下の内容をターミナル (黒い画面)に入力してください。

java -jar BuildTools.jar

入力したら処理が終わるまで待ちましょう。

そうすると上記の画像のようなファイルが生成されます。今回はspigot-[バージョン].jar以外は削除してOKです。

1.4 Serverstartup.batを作成

Serverstartup.txtを作成しBuildTools.jarを入れたフォルダに置きましょう。
ファイルの中はこのような感じです。

@ECHO OFF
java -Xms1024M -Xmx1G -jar spigot-1.16.2.jar
PAUSE

※-Xmx1Gは各自設定することをおすすめします。RAMの割り当てを意味しています。
ファイル名は英字であれば基本的に何でも問題ありません。

spigot-1.16.2.jarは先程のバージョンに変更してください。
今回は記事投稿時点で最新の1.16.2ですね。

書き終わったら拡張子のtxtをbatに変更しましょう。

1.5 サーバーを起動

Serverstartup.batをダブルクリックして実行してください。
するとコマンドプロンプトという黒い画面が起動します。

「You need to agree to the EULA in order to run the server. Go to eula.txt for more info.」という文字が表示されているかと思います。

翻訳すると「サーバーを実行するには、EULAに同意する必要があります。」という意味になります。

ソフトウェア利用許諾契約ですね。

これはプラグインサーバー関係なしに同意する必要があります。

どこか好きなキーを押してコマンドプロンプトを停止します。

そしたらファイルが複数追加されていると思います。
eula.txtのfalsをtrueにしてください。
これで同意できました。

そして再度Serverstartup.batを実行しましょう。
これでSpigotサーバーができました。

また黒い画面が出てきますが無理やり閉じないでください。
閉じる時は黒い画面に「stop」と入力しましょう。

するとサーバーも閉じます。

1.6 サーバーに参加する

現時点ではBedrock Editionでは参加できませんがJava Editionではlocalhostで参加可能です。

これで一度動作確認をしましょう。

プラグインを導入する

Geyser-Spigot.jarをダウンロード

これがGeyser本体です。

https://ci.nukkitx.com/job/GeyserMC/job/Geyser/job/master/Geyser-Spigot.jarをダウンロードします。

そしたらGeyser-Spigot.jarpluginsに入れます。
これで完了です!

Server Login

Bedrock Editionでもlocalhostでアクセスできます。(ポートは19132)
ですがこのままだとJava Editionのアカウントにログインし認証する必要があります。

これを回避するにはもう1つプラグインを導入する必要があります。

floodgate-bukkit.jarをダウンロード

では早速認証を不要にするプラグインを導入します。

https://ci.nukkitx.com/job/GeyserMC/job/Floodgate/job/master/floodgate-bukkit.jarをダウンロードします。

先程と同様にpluginsに入れましょう。

そしたらserver.propertiesを開いてonline-modefalseに変更します。

次はGeyser-Spigotの中のconfig.ymlauth-typefloodgateにします。

これで完了です!

参考

14 COMMENTS

匿名のクラフター

目次 「floodgate-bukkit.jarをダウンロード」 の「floodgate-bukkit.jarをダウンロードします。」というとこ、fだけ仲間はずれになってませんか?
語彙力無くてすみません。

返信する
tomo_25

統合版が1.17.41がリリースされてしまい、javaとバージョンが合わずできません.

返信する
sugimori

BildToolsの最新の安定ビルドをクリックして開き、ビルドの成果物BildTools.jarをクリックしてダウンロードするという事ですか?
この種類のファイルはコンピュータに損害を与える可能性がある
と出てきてしまいますが、ダウンロードして大丈夫なのかわかりません。

返信する
Yuta Kobayashi Yuta Kobayashi

問題ありません。jarファイルはなぜかブラウザが危険だと誤認識することが結構な確率であります。

返信する
Yuta Kobayashi Yuta Kobayashi

今後この記事を更新するタイミングで作ろうかと思います。ご意見ありがとうございます!

返信する
Yamaguchi Tsubasa

すみません、Geyser-Spigotをpluginsに入れたんですけどサーバーに入れません

返信する
kennnn

統合版の友達入れるときのサーバーアドレスは、どうすればよろしいのでしょうか?

返信する

コメントを投稿

コメントを送信すると利用規約プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。