【Minecraft】データパックの作成チュートリアル #1

pack.mcmeta

Minecraftにはデータパックという機能があるのはご存知でしょうか?
データパックを使うとMinecraftを簡単にカスタマイズすることができます。

1.16からワールドの新規作成の際にデータパックのオプションが追加され気になっている方も多いかと思います。

今回はデータパックの作り方を解説していきます。

データパックの作成方法

環境

今回データパックを作成した際の環境です。

OSWindows10
エディタVisual Studio Code
Minecraft Java Edition1.16.5

Visual Studio Codeを使う際のおすすめプラグインは?

今回データパックを作るにあたりpack.mcmetaというMinecraft独自のjsonファイルを作ります。

拡張子がpack.mcmetaの場合ソースコードに色が付かないためData pack Helper Plusといった拡張機能を使用することをおすすめします。

またはTeraPadを使用するといいでしょう。

datapacksフォルダにディレクトリを作成しpack.mcmetaファイルを作成

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming.minecraft\saves\ワールド名\datapacks\にアクセスしdatapacksディレクトリ内にフォルダを作ります。(※英字推奨)

今回はsamplepackというフォルダ名にしました。
このフォルダ名がデータパックの名前となります。

次にsamplepack内にpack.mcmetaファイルを作成し以下の内容をペーストしてください。

Tips

pack.mcmetaはリソースパックやデータパックを認識させるために必要です。

pack.mcmeta
{
  "pack": {
    "pack_format": 6,
    "description": "ここに説明を入力"
  }
}

pack_format

pack_formatの指定はMinecraftのバージョンによって異なります。
1.17からはversion.jsonのパック形式はデータパックとリソースパックに分割されるので必ずしもリソースパックと同じとは限りません。

バージョンpack_format version
20w46a以降7
1.16.2~1.16.56
1.15~1.16.15
1.13~1.14.44

description

descriptionは様々な場所で説明に使われます。
配布などする際はSNSなどのIDを記載してもいいかもしれません。

ゲーム内コマンドとデータパックの認識テスト

コマンド説明
/reloadデータパックの再読み込み
/datapack list有効化されているデータパックの一覧を表示

データパックを設定したワールドを開き/datapack listコマンドを実行してみてください。
vanillasamplepackが認識していたら成功です。(vanillaはデフォルトのMinecraft)

認識しない場合

もし認識していない場合は以下の原因が考えられます。

  1. データパックが読み込まれていない
  2. プログラムに誤りや欠陥がある可能性

1の場合/reloadコマンドを実行してみてください。
データパックを作成前にワールドに既に参加していた場合は/reloadコマンドを実行し再読み込みする必要があります。

それでも認識しない場合はプログラムの誤りや欠陥やデータパックを導入したワールドを間違えている可能性があります。

dataフォルダを作成

pack.mcmetaファイルを作成したディレクトリにdataフォルダを作成します。
dataフォルダの中に名前空間を作成していくことになります。

名前空間とは?
名前空間とはそれぞれ異なる識別名を付けて競合や曖昧さや衝突を避けるためのものです。
samplepack/
 ├ pack.mcmeta/
 ├ data/
    └ 名前空間ID/

名前空間フォルダ内に用途によってフォルダを作成

dataフォルダ内に名前空間フォルダを作りその中に以下のフォルダを用途によって追加します。

今回はdataフォルダ内にtestフォルダを作成しました。
以降はデータパックの用途によって作り方が異なっていくため#1はここで終了です。

役割フォルダ名
関数functions
ルートテーブルloot_tables
構造物structures
進捗advancements
レシピrecipes
タグtags

ダウンロード

ここまでの内容はzipファイルで配布しています。
是非解凍してC:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming.minecraft\saves\ワールド名\datapacks\に入れお使いください。

ダウンロード

2 COMMENTS

コメントを投稿

コメントを送信すると利用規約プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。

CAPTCHA